内田晋也の投資コラム
«前の記事
【10月1日】〜エスカレーターの立ち位置〜
»次の記事
【10月15日】〜パンドラ文書で出たあの名前〜
[0]HOME
公開日:2021年10月8日
【10月8日】〜岸田政権の発足〜



自民党総裁選を報じるテレビ番組で元自民党政調会長であった亀井静香氏が、岸田新総裁を評して「蒸留水みたいな人」と評していました。

味も素っ気もないと言いたかったのでしょうが、同じ釜の飯を食べた同氏からの新総裁に対する正直な人物評なのでしょう。

お公家集団と揶揄される「宏池会」の中心人物として要職を担ってきましたが、いささか人間臭さから距離をとってきたのかも知れません。

いわゆる首相候補の一人に甘んじてきましたが、昨年初めて総裁選に立候補しました。

当時の安倍首相は、一旦岸田さんを担ぎ上げるかの動きを示しましたが、結局菅氏の支持に回ってしまいました。

大御所になった今度こそご指名頂けると思いきや、高市女史の支援者になってしまうなど、影のキングメーカー安倍さんに翻弄され続けてきました。

今回は覚悟を決めたのでしょう、党役員任期の制限を主張し二階幹事長にケンカを売っての立候補となりました。

岸田さんは外相だった当時、日韓慰安婦合意をまとめあげた人物で、韓国から「最終的かつ不可逆的な解決」という文言を引っ張り出した実績があります。

総理になった今こそ、対韓国との歴史的な合意を取りまとめた実力と手腕を如何なく発揮していただきたいです。

注目点は分配重視政策です。

富めるものと富めざる者、持てるものと持たざる者を強く認識し、好循環を目指すそうです。

この「格差」と言う極めて「厄介な問題」は、日本のように民主主義を採用し、且つ資本主義で成り立つ国家では簡単に是正できるものではありません。

かつての成田闘争のように土地収用法を制定して強制代執行するわけにはいかないわけですから。

よほど方法や手段を吟味してからでないと、弊害が強く出てしまいます。

せめて経済が再起動するまでは蒸留水のままでいて欲しいものですね。

投資調査部 内田
«前の記事
【10月1日】〜エスカレーターの立ち位置〜
»次の記事
【10月15日】〜パンドラ文書で出たあの名前〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.