内田晋也の投資コラム
«前の記事
【9月3日】〜デジタル庁の創設〜
»次の記事
【9月17日】〜あると思います〜
[0]HOME
公開日:2021年9月10日
【9月10日】〜ホワイトハウスからのシグナル〜



8月後半に米ホワイトハウスはグーグル、アップル、アマゾン、マイクロソフト、IBMの各CEOを招いてサイバーセキュリティー強化のための会議を開きました。

バイデン大統領は大手企業に対し、「サイバーセキュリティーの水準を高める責任を有している」と異例のコメントを発し、関連企業の尻を叩きました。

ホワイトハウスが重い腰を上げたキッカケは、今年5月に起きた米国最大の石油パイプラインである「コロニアル・パイプライン」へのサイバー攻撃だったと見られます。

同サイバー攻撃によってパイプラインは約1週間の操業停止に追い込まれ、再稼働のために身代金を払う羽目になってしまいました。

最強のシステムを講じていると見られて米国企業が、いとも簡単に悪の魔の手に落ちてしまった大変衝撃的な事件となりました。

我が国、日本はどうでしょう。

サイバー攻撃を客観的な数字で見てみると2019年、2020年と前年比50%増を超え、急速に増え続けています。

新型コロナワクチンの接種申請の偽サイトに誘導されたり、ワクチンに便乗したサイバー攻撃みたいな手口もぞくぞくと生まれているようですし、また注目が集まるかもしれないですね。

行政のデジタルシフト(デジタル庁)関連株が動き出したことありますので、また注目が集まるかもしれません。

ただこの市場は細かく細分化されて関連銘柄も多く、どれが良いのか分かりにくいのも事実です。

取り敢えず企業間の専門的な分野は誰かにお任せするとして、高齢者をターゲットにした特殊詐欺撲滅から解決して欲しいと切に願います。

世の中全体がコロナ禍に疲弊している隙をついてくる連中に天罰を!!

特殊詐欺被害”0”(ゼロ)社会へ挑戦する【4441】トビラシステムズ テクノロジーに注目しています。

投資調査部 内田
«前の記事
【9月3日】〜デジタル庁の創設〜
»次の記事
【9月17日】〜あると思います〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.