内田晋也の投資コラム
«前の記事
【8月13日】〜笑止千万〜
»次の記事
【8月27日】〜勇気の記録〜
[0]HOME
公開日:2021年8月20日
【8月20日】〜抗体カクテル療法〜



リゾートの砂浜でカクテルグラスを片手にビーチチェアでくつろぐネズミ。

ミステリアスな路上芸術家、バンクシーの新作アートがSNSで公開されました。

作者の素性が気になるところですが、このグラスの中身に関心を向ける情勢です。

今、強い関心を集めているカクテルはアルコールではありません。

新型コロナウィルスの重症化を防ぐ「カクテル療法」がにわかに脚光を集めているのです。

酒や果汁を合わせるカクテルのように、複数の薬を混ぜ合わせて一緒に投与することで、こう呼ばれるそう。

菅内閣はこのカクテルを盛んに押しています。

ワクチン接種や集団免疫獲得への対策が万策尽き果てたからなのかも知れません。

抗体カクテル療法が効果をもたらすのは軽症者で、しかも症状が出てすぐに投与する必要があるそう。

首相は投与できる施設を整備するとも口にしていますが、肝心なマンパワーは心もとないのでは。

様々な知恵を混ぜ合わせる「カクテル政策」が、官邸のコロナ対策にもいるのかも知れません。

新型コロナに対しては「カシリビマブ」と「イムデビマブ」を併用する中外薬<4519.T>が特例承認されました。

株価に変化が出るか注視しています。 «前の記事
【8月13日】〜笑止千万〜
»次の記事
【8月27日】〜勇気の記録〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.