内田晋也の投資コラム
«前の記事
【7月16日】〜約1億7200万円〜
»次の記事
【7月30日】〜成功する方法〜
[0]HOME
公開日:2021年7月21日
【7月21日】〜それでも私は信じます〜



今週末いよいよ東京オリンピックが開催されます。

実はこのオリンピック期間の感染状況によっては衆院選での自民党苦戦、菅政権の退陣シナリオが浮上しかねないとの観測があるようで、それが株価を押し下げている要因となっています。

一方アメリカはどうでしょう、オールスター戦の前夜祭として行われたホームランダービーで、大谷翔平選手が素晴らしい戦いを見せてくれました。

スタジアムにつめかけた満員の観客もスター選手に大きな声援を送っていましたが、誰一人、マスクはしていません。

メジャーリーグを生で、スタジアムで、ビールを飲みながら、マスクなしで大勢で楽しんでいるのです。

我が国ではすったもんだの末に開幕にこぎつけたオリンピックは無観客で、アルコールはもちろんなし。

この差が株価の差なのでしょう。

では感染の再拡大はあるか?

恐らく大したことはないでしょう。

この状況で、大方の予想に従って「再拡大なし」にBETしたとします。

賭けに買った場合、要するに感染が拡大しなかったとしても相場は何も起こらないでしょう。

いわゆる「織り込み済み」と言うやつです。

ところがどっこい。

もしも賭けに負けた場合、つまり予想に反して感染が極端に拡大し、内閣支持率が急落したら?

少なくともファーストタッチはネガティブに反応になるでしょう。

ショック安程度で済めばよいでしょうが、場合によっては景気の後退を示唆する下げになるかもしれません。

そう考えると、どのような投資行動を取るべきでしょう。

期待値がプラスになるようなヘッジポジションを取ればよいのです。

何も起きないことを前提に、何かが起こった時の保険を掛ける。

賭けをするなら、買ったときに得るものと負けたときに失うものを考えるのです。

それが7月20日近辺の(本原稿執筆時)の値下がりの要因と捉えています。

「アナタハ、神ヲ、信ジマスカ?」

おかしな発音に驚いてインターフォンのカメラを覗き込むとパンフレットを持った外国人の方が家の戸口に立っていました。

「はい、信じます。」と私は答えます。

「失礼デスガ、YOUノ仕事ハナンデスカ?」

「投資顧問で助言業をしています。」

「投資ジョゲンッテ聞キナレマセン」

「株の値上がりと値下がりの予想をして、投資家に賭けをすすめる商売です」

「ナンダカ、怪シイデスネ。ソレデモ神ヲ信ジルノデスカ?」

「もちろんです、神を信じて善行に徹すれば天国へ行けるけど、神を信じず悪行に徹すれば地獄へ落ちるのでしょう?」

「であれば私は、信じます。期待値がプラスになる思考に慣れきってますから。しかも神様に味方になってもらわないと、この商売やってられません。であれば神様なら何でも信じます。」

買ったときに得るものと負けたときに失うものを考えるとは、こういう事です。

それでは良い4連休をお過ごしください。

投資調査部 内田 «前の記事
【7月16日】〜約1億7200万円〜
»次の記事
【7月30日】〜成功する方法〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.