内田晋也の投資コラム
«前の記事
【7月9日】〜被災された皆様へ〜
»次の記事
【7月21日】〜それでも私は信じます〜
[0]HOME
公開日:2021年7月16日
【7月16日】〜約1億7200万円〜



切手やコイン、牛乳瓶の蓋、ビックリマンチョコのシール…。

何であれ収集癖があって集めることに夢中になった覚えが誰しもあるのではないでしょうか。

一説によると、こうした行動は狩猟時代に身につけた本能の一つらしく、良い獲物を捕まえて仲間から認められたいという承認欲求の延長線のようです。

ところでどんな収集家が手にしていたのでしょうか。

25年前に発売された人気ゲーム「スーパーマリオ」のソフトが米国で落札され、日本円にして約1億7200万円の値段がついたそうです。

定価は9,800円、実に1万7000倍にあたる価値となります。

保管状態が驚くほどよく、かなりの美品とのこと。

珍しい獲物に狩猟本能が刺激されたのか、コロナであふれる投資マネーが競売市場に流れ込んだとの推測も出ています。

人気ゲームソフトとなれば数千万の値が付くケースもある他、Pok?mon、大リーグのカードも転売市場がかなり活況になっています。

趣味の世界の収集熱とマネーゲームが重なり合うとちょっとバブルの気配を感じるのは小生だけではないでしょう。

コロナバブルの代名詞とならぬようご利用は計画的に。

それではまた来週。

投資調査部 内田
«前の記事
【7月9日】〜被災された皆様へ〜
»次の記事
【7月21日】〜それでも私は信じます〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.