内田晋也の投資コラム
«前の記事
【7月2日】〜恍惚の人から49年〜
»次の記事
【7月16日】〜約1億7200万円〜
[0]HOME
公開日:2021年7月9日
【7月9日】〜被災された皆様へ〜



この度の熱海市で発生した土石流に関しまして、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

また、犠牲になられました方々に心よりお悔やみを申し上げるとともに、行方不明の方々が一刻も早く救助されることを社員一同、切にお祈り申し上げております。

梅雨の末期にあたるこの時期は大雨になりやすく、毎年のように、列島のどこかで被害を引き起こしています。

何卒警戒を怠ることの無きようお願いいたします。

地球の温暖化は梅雨前線にパワーをもたらし、局所的に「経験したことのないような大雨」などの原因をつくると言われます。

早めの備えと早めの避難を心がけて嵐を去らせ、一過の空を仰ぎたいものです。

くれぐれもご用心下さい。

■  ■  ■  ■

7月第2週は日本株の主要な上場投資信託(ETF)の決算日が集中しています。

このため決算を迎えるETFの分配金を捻出するために運用会社が出す売りで日本株の上値が抑えられ、相場が下値模索となっています。

ただし、これはオフィシャルイベント。

毎年行われる恒例行事であり、ただのテクニカル要因です。

事前にわかっているわけですからリスクでも何でもありません。

一時的な現象です。

昨年の例では8日に3000億円規模、10日の4000億規模の売りが出たとされています。

日経平均は8日に176円安、10日は238円安となりました。

しかし、休日をまたいで翌営業日13日は493円高と大幅高、分配金捻出売りで売られた分を全て取り戻しています。

今年は主要なETFの決算は8日と9日に集中しており、全体で8000億円規模の売りが想定されていますが、一過性の値下がりで終わるでしょう。

投資調査部 内田 «前の記事
【7月2日】〜恍惚の人から49年〜
»次の記事
【7月16日】〜約1億7200万円〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.