内田晋也の投資コラム
«前の記事
【5月21日】〜ガッキーショック〜
»次の記事
【6月4日】〜ワクチン接種が本格スタート〜
[0]HOME
公開日:2021年5月28日
【5月28日】〜45日前ルールの通説〜



6月末はヘッジファンドの中間決算で、そのタイミングで解約するには45日前に通知する必要がある。

だから5月半ばまではヘッジファンドの決算対策に絡む手仕舞い売りが相場を荒らす―。

まことしやかに言われている市場の通説です。

納得できるようなできないような。

この通説に従うと、ヘッジファンドがポジションを手仕舞うのは顧客の解約通知を受けて、ということになりますが、毎年毎年、このタイミングで投資家がヘッジファンドを解約しなければならない理由はありません。

ファンドの決算というのは分配金の支払いなど費用を精算し損益を確定させるためのものです。

このため日本の悪名高い毎月分配型投信は毎月決算をおこなっています。

一方、ヘッジファンドは頻繁に分配金を払う必要もないし、余計な経費をかけたくないので決算は年1回が普通なのです。

年末の本当の決算間近には成功報酬確保のためパフォーマンスを固めようとポジションを手仕舞う動きがある程度出るかもしれません。

ですが5月半ばという時期の手仕舞い売りには理由がないのです。

ヘッジファンドを運営する会社の決算とファンドが設定・解約の「窓開け」がごっちゃになった都市伝説と考えて頂ければと思います。

今回の急落もコロナワクチン接種率が高まれば次第に落ち着きを取り戻すと思われます。

【8358】スルガ銀行へのノジマ資本参加が継続するか中止となるか交渉に注目しております。


































«前の記事
【5月21日】〜ガッキーショック〜
»次の記事
【6月4日】〜ワクチン接種が本格スタート〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.