内田晋也の投資コラム
«前の記事
【5月7日】〜ぼったくり男爵〜
»次の記事
【5月21日】〜ガッキーショック〜
[0]HOME
公開日:2021年5月14日
【5月14日】〜プランBが発動か〜



新型コロナウイルス流行の収まりは見えないなか、東京オリンピックの開催を巡っては、「本当に行われるのだろうか」と疑問の拭えない状態が続いています。

また、東京オリンピックの中止や開催については、ニュースやネット情報でも憶測ばかりが先走り、明確な方向性が示されず心配な方も多いでしょう。

国際オリンピック委員会のバッハ会長は17日から2日間の日程で来日する予定でしたが、突如として延期が決まるなど、混乱と言うかドタバタと言うか。

日本株相場の目を覆わんばかりの低迷ぶりもそれをよく反映しています。

優先順位なき戦略、根拠なき楽観論、縦割り組織の弊害。

日本全体の閉そく感やシステムの機能不全を見事なまでに忠実に反映し、相場がネガティブな反応をしています。

偶然でしょうか、バッハ会長の来日が延期になりましたが、そのタイミングで相場に変化が出てきたのが気になります。

仮に、IOCと政府関係者の間で「中止の判断」が結論付けされ、いわゆる「プランB」が発動されているのだとしたら。

東京五輪の経済波及効果は、東京都の試算で32兆、米タイム誌で20兆円であり「話半分」としても10兆円規模になります。

今年の日本経済を展望する場合、仮に「プランB」のシナリオとなれば、そのマイナス効果は大きいです。

リセッションの可能性に言及せざるを得ない事態ですね。

米大手証券・欧州系証券のショートポジションの積み上げとなれば、ヘッジファンドにとって猫にマタタビ、お女郎に小判。

要は国や自治体が優柔不断なんです。

厳格な対応は代償も大きいし、なにより政治家は世間の不興を買いたくないのです。

今年は衆院選の年であることもありますから。

政治家の態度が煮え切らないとつけ入る隙が生まれるのでしょう。

投資調査部 内田
«前の記事
【5月7日】〜ぼったくり男爵〜
»次の記事
【5月21日】〜ガッキーショック〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.