内田晋也の投資コラム
«前の記事
【10月9日】〜付き添い〜
»次の記事
【10月30日】〜親子上場の解消について〜
[0]HOME
公開日:2020年10月16日
【10月16日】〜トランプ劇場はいつまで〜



未だかつてこれ程までに世間を賑わせた大統領がいたでしょうか。

リンカーンやケネディーはその比ではないのかも知れませんが、トランプ大統領のいわゆる「映え」は半端ではありません。

その物言いに報道機関は翻弄され、マーケットは振り回されています。

トランプ大統領のコロナ感染により分かったことは2点。

それは彼が受けた治療内容と感染による国内の反応です。

治療内容ですが、さすが自由の国アメリカ、かなりオープンに開示されております。

要点は自然免疫力を強め、血の凝固を防ぎ、受容体をブロックするということ。

そのために亜鉛、ビタミンD、メラトニン、アスピリン、ガスターを服用したようです。

もう一つは世論の反応。

ネット上でアメリカの世論調査を見るとまず信じるか信じないかで国が真っ二つに分かれているようです。

感染そのものも予防しないことが原因であるとし、自業自得、自己責任、身から出た錆とかなり厳しい指摘となっておりました。

日本だったらもう少し寛容に労わったでありましょうがそれがお国柄というものかもしれませんね。

それにしてもトランプ劇場は選挙の山場を迎え更にヒートアップとなりそうです、シートベルトを強めにして注目してみたいです。

出遅れ不動産の【8890】レーサムに注目しています。

また来週会いましょう。

投資調査部 内田





«前の記事
【10月9日】〜付き添い〜
»次の記事
【10月30日】〜親子上場の解消について〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.