投資顧問会社の株式会社G&Dアドヴァイザーズが運営するWebサイト

【真実一路】内田晋也の投資コラム

【8月24日】~蝶の羽ばたきがやがて嵐を・・・~

2018年8月27日

トルコのGDPはアメリカの20分の1以下で、オランダと同程度とのことです。

小国の問題で大騒ぎするのもどうかと思いますが、思えばトルコより更に4分の1以下の小国・ギリシャに世界中が振り回されていたのは、数年前のことでした。

米国のサブプライムローン問題の時でも一過性のものと軽視する風潮が強かったですがその後リーマンショックに発展する大事件となりました。

危機は思わぬところから訪れます。

『かすかな蝶の羽ばたきがやがて嵐になることもあるのだから・・・・』【JIN-仁-咲のセリフより勝手に拝借】

最初から過小評価をせず、事態の冷静な把握が必要ということでしょう。

だからと言って、かすかな蝶の羽ばたきを観測すれば、天気が予測できるというわけでも、羽ばたきの風自体が嵐を引き起こす原因というわけでもありません。

端的に申せば、小さな要素の組み合わせでも未来に大きな影響を与える以上、正確な未来予想は不可能ということですね。

そこで本題に入ります。

小生の第十弾が発表になります。

もしかしたら私の羽ばたきが市場の嵐となる・・・・かも。

気になったらキャンペーンページを見てください。

銘柄は・・・・・その辺の話は別の機会に。

それではまた来週お会いしましょう。

投資調査部 内田
一覧に戻る

内田晋也(うちだしんや)

略歴

1973年千葉生まれ。大学時代は経済学部にて国際貿易金融論を専攻し卒業。1996年より現三菱UFJモルガンスタンレー証券にて営業職として勤務。20歳代で手数料ランキング1位を成し遂げる。その後、極東証券に移籍しディーラーへ転身。ポジション3000万からスタートし、そこから6000万→1億→3億→6億と目覚ましい活躍をするも、これまで20年間で培った経験を個人投資家へ伝えたいとの思いから投資助言の道へ。2017年7月よりG&Dアドヴァイザーズへ入社し現在に至る。