内田晋也の投資コラム
«前の記事
【4月27日】〜頭の片隅にでも〜
»次の記事
【5月18日】〜やっぱ知らないんだ〜
[0]HOME
公開日:2018年5月11日
【5月11日】〜イメチェンに成功か〜

思い掛けない一面や相手の隠れた意外性に触れることで評価が劇的に変わることがあります。

ぶっきらぼうでそっけなかった相手でも何かの気紛れからちょっと優しくされただけで「実は面倒見のいい奴」なんて意見につながったり・・・。

逆に、紳士で爽やかなイケメンアイドルがアルコールに溺れ、強制わいせつ容疑で書類送検されるなどの愚行が明らかになったことで信用失墜となってしまったり・・・。

今までのイメージと現在時点での行動ギャップが大きければ大きいほど、インパクトやショックは大きくなるものです。

「悪の枢軸」から「平和への天使」へと極端なイメチェンへ挑戦している北朝鮮のキムジョンウン委員長。

大言壮語して自分を大きく見せる事は国際社会でモテるための一つのテクニックであり、そうでもしなければ米大統領と会談などとてもできません。

うまくいけば国際社会への復帰も見えてくるわけでここは無難に乗り切って欲しいところ。

でなければ君主自ら脱北を考えねばならず、裸の王様になることに。

さて、思い掛けない意外性にインパクトを伴うのは株式市場も同じです。

一見すると地味な分野でも時として大幅な技術革新が進み、ちょっとした材料でも株価変動につながることがあります。

この地味な革新銘柄ですが、そろそろ値動きも煮詰まってきているように見えますのでそろそろかと・・・・・その辺の話は別の機会に。

それではまた来週お会いしましょう。

投資調査部 内田

«前の記事
【4月27日】〜頭の片隅にでも〜
»次の記事
【5月18日】〜やっぱ知らないんだ〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.