内田晋也の投資コラム
«前の記事
【1月12日】〜はれのひ詐欺〜
»次の記事
【1月26日】〜歌は世につれ、世は歌につれ〜
[0]HOME
公開日:2018年1月23日
【1月19日】〜思い出は美化させて〜

過去に強烈な下落相場を体験された方もいらっしゃることでしょう。

特にバブル崩壊、IT相場の暴落、リーマンショックなど日本の証券市場は何度かの崩落を経験してきました。

その古い個人的な体験談に手前勝手な歪曲を上乗せして得意げに語る証券関係者や先輩諸氏には辟易もするし鼻にもつく。。

だからと言う訳ではありませんがあまり話したいことではないですね。

しかし日経平均の16連騰を含めて昨秋以降の猛反騰や個人投資家の動静を見ると一言だけ申し上げたくなるのです。

値下がりへの警戒感ではありません、逆です。

あまりにも値下がりする警戒感を持ち過ぎると指をくわえて何も得られないロス、つまり収益機会の損失が積み重なるばかりか、トレンドに逆らったポジションをとると大敗を喫するケースも増えていきます。

恐らく根底には長いデフレで心に刻まれた臆病なトラウマがPTSD並みにはびこり、リスク過敏症になっているのではないかと・・・。

現状はバブルではない、例えるならまだ5合目の局面か、予想PER15倍台は問題なし、自信をもって進みましょう。

人材関連なんかいいと思うんですけどね・・・その辺の話は別の機会に。

それではまた来週お会いしましょう。

投資調査部 内田晋也



«前の記事
【1月12日】〜はれのひ詐欺〜
»次の記事
【1月26日】〜歌は世につれ、世は歌につれ〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.