投資の前にコレだけは知っておこう
«前の記事
【11月20日】格付けって何だ?
»次の記事
【1月13日】「未曾有の危機」ってホント?
[0]HOME
公開日:2008年12月2日
【12月2日】投資信託のメリット・デメリット

 そもそも投資信託とは、「複数の投資家から集められた資金を、専門家が管理・運用し、分散投資によって得られた収益を投資家に分配還元するもの」といえます。
 現在、投資信託は、預金以上に取り扱い機関が多いといっても過言ではありません。証券会社だけでなく、銀行や信用金庫、信用組合、JA、保険会社など、幅広い金融機関等で販売されています。また、金融商品仲介業者として証券会社等に登録している税理士やFPなどの一部の人も、収益源の一つとして投信販売を行っていますので、投資信託の販売にかかわっている人は、ここ10年で飛躍的に増加したといってもいいでしょう。
 投資信託を取り扱う金融機関等は、投資信託の販売によって、販売手数料や代行手数料(投資信託に集められたお金から差し引かれる信託報酬の一部)を受け取ります。運用会社である投資信託会社は、信託報酬の中から運用報酬を受け取ります。そして、投資信託のお金を管理している信託銀行は、信託報酬の中から受託者報酬を受け取ります。
つまり、投資信託は、金融機関等にとって安定的な手数料収入を獲得できる商品なのです。多くの金融機関等が営業職員などに投信販売のノルマを課すのは、収益のメドを立てやすいからだといえるでしょう。
 と、このような書き方をすると、投資信託は利用者にとってリスクがあって手数料負担も重いデメリットばかりの商品だと思われがちですが、利用者にとっても実は大きなメリットがあります。それは、1万円程度の少額から利用でき、トータルでも数%の手数料負担だけで、世界中のさまざまな金融商品等に分散投資できる点です。
 たとえば、インドの株式を買ったり、ブラジルの債券を買ったり、東証一部上場全銘柄をまとめて買ったり。これらは投資信託だからこそ、私たちは気軽にできるのです。自分で直接現地に飛んで海外の商品を買おうと思ったら、投資額の数%の費用では済まないはず。そう考えると、投資信託の種類の豊富さや、利用に際しての気軽さからすれば、手数料負担はかなり軽いといってもいいでしょう。ケタ違いの資金を動かせる資産家を除けば、私たち一般の投資家にとって、投資信託を有効活用することは、資産全体のリスク・リターンのバランスを考えるうえでも重要だと思われます。

«前の記事
【11月20日】格付けって何だ?
»次の記事
【1月13日】「未曾有の危機」ってホント?
菱田雅生プロフィール
コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.