投資の前にコレだけは知っておこう
«前の記事
【9月8日】年1回は家計と資産の現状把握を
»次の記事
【10月9日】債券って何だ?
[0]HOME
公開日:2008年9月24日
【9月24日】株式はインフレに強いってホント?

 その昔、「財産三分法」と呼ばれる考え方がありました。お金を持っていたら、現金や預金としてだけでなく、株(株式)や土地(不動産)にも分けておいたほうがいいというものです。
 第二次世界大戦後、戦後の復興から高度経済成長時代を経てバブル経済のピークまで、株価や土地の値段は多少の上下を繰り返しつつも、長期間にわたって上昇基調にありました。
 1949年に再開した東京証券取引所。再開初日である5月16日(月)の日経平均株価の終値は176円21銭でした。その約20年後の1969年11月20日(木)に筆者は誕生しましたが、その日の終値は2,210円60銭。さらに約20年後の1989年12月29日(金)に、バブル期の高値である38,915円87銭に達したのです。最初の20年間で10倍強、次の20年間で20倍弱になったことがわかります。
 株価の上昇や土地の価格の上昇が加速度的に続いたバブル期までは、物価上昇を大幅に上回っていたので、物価上昇によって目減りする現金や預金よりも、株式や不動産を持っていたほうが財産の価値を守ることができたわけです。
 あと1年ほど経ちますと、バブル期のピーク時から20年が経過することになりますが、はたして日経平均株価はいくらになっているのか。このままいくと、おそらくこの20年間で3分の1程度になったことを確認できるかと思われます。
 よく金融機関などが作成する資料には、過去40年や50年といった超長期の期間で比較して、物価の上昇よりも株価の上昇のほうが大きいと結論づけているものが散見されます。それらが一概に間違いであるとはいえないのですが、そのような資料を見る際は、データの出発点が変わると結果も大きく異なってくる可能性があることを認識しておくことが大切です。
 仮に、バブル期のピークを出発点にしたら、確実に物価上昇のほうが高くなります。インフレに備えて株式を持つことが有効だと言われる場合が多いですが、どんな経済情勢下でも有効かというと、必ずしもそうとはいえないので注意が必要です。資産運用の常識とされる事柄は、時として非常識に変わる場合もあるのです。

«前の記事
【9月8日】年1回は家計と資産の現状把握を
»次の記事
【10月9日】債券って何だ?
菱田雅生プロフィール
コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.