投資の前にコレだけは知っておこう
«前の記事
【8月5日】金融商品は、お金の貸し借りをするための商品
»次の記事
【9月8日】年1回は家計と資産の現状把握を
[0]HOME
公開日:2008年8月21日
【8月21日】株式投資はとても高尚なもの?

 資金調達をしようとする主体(国や企業など)が証券を発行し、それを投資家が直接購入するかたちでお金の貸し借りが行われることを直接金融といいます。その直接金融の代表格であるのが債券や株式です。
 債券は、一定期間のお金の貸し借りを約束するもので、発行体は投資家に利息を支払い、満期が来たら全額を返済します。つまり、一種の借用証書だということができます。
 一方、株式は、投資家である株主から出資を募り、収益が上がったら一定の配当金は出すものの、債券のような満期はないので、株主に対して出資金の返済は行いません。つまり、お金は借りるけれども、けっして返さないのです。
 株式会社の制度を本格的に導入した最初の会社は、1602年設立のオランダ東インド会社だといわれていますが、現在に至るまで資本主義経済が拡大していった理由の1つに、この株式会社という仕組みができたことが挙げられるのではないかと筆者は考えています。なにしろ、借りたお金を返さないでいい仕組みなのですから。
──いい商売を思いついたんだけど、お金を貸してくれない?儲かったら配当金あげるから。あ、でも、お金は返さないけどね!──
という仕組みです。考えた人は本当にスゴイと思います。
 そして、さらにスゴイのが、お金を返してもらえない株主同士で持っている株券を自由に換金できるように、オークション方式による株券の取引所を作ったことです。これで株主は、発行体からお金を返してもらえなくても、取引所に行けば株券を時価で換金できるようになったのです。
 その後、企業の発展とともに株式市場も発展し、収益を得た投資家による個人消費も伸び、世界経済が発展していったとも考えられます。
 そう考えると、歴史上のさまざまな技術的な発明もスゴイですが、株式会社という仕組みも、人類にとって大きな発明だったのではないでしょうか。だとすると、株式投資は人類の発展に欠かすことのできない高尚なものだともいえる気がします。

«前の記事
【8月5日】金融商品は、お金の貸し借りをするための商品
»次の記事
【9月8日】年1回は家計と資産の現状把握を
菱田雅生プロフィール
コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.