内田晋也の投資コラム
«前の記事
【3月5日】〜カーボンフリーで原発だと?〜
»次の記事
【3月19日】〜給料振込が○○ペイに?〜
[0]HOME
公開日:2021年3月12日
【3月12日】〜金利の上昇と株価の値下がり〜



米国市場の長期金利が上昇したことで株式市場の懸念が高まり、ご心配になった多くの会員様から説明を求められました。

そこで本日は金利と金融資産の関係性を簡単にご説明させて頂きたいと思います。

ご興味あればお付き合いください。

株式、債券、不動産など様々な金融資産の価格は、将来生み出されるであろう予想キャッシュフローを現在価値に割り戻す(ディスカウントキャッシュフロー法)ことによって決まってきますが、その際に必要となる割引率は、短期国債などの「無リスク金利(リスクフリーレート)」などに左右されます。

債券の世界では長期債であるほど価格の金利感応度が高くなるのと同じように、株式では高PER(株価収益率)で評価されている成長株ほど理論的に大きな影響があります。

これはグロース株(成長株)がバリュー株(成長株以外)に比べて、より長期的な利益成長を織り込んだ株価形成となっているからです。

小生は、今回の長期金利上昇をきっかけとした株価下落は「健全な相場調整局面」だと考えております。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大(コロナ禍)による経済への打撃を緩和するために世界各国で緊急的な追加金融緩和策がとられ、米国を中心に長期債利回りが下がりました。

このため、株式市場は昨年3月以降、実態経済以上に堅調に推移しました。

現在は、この「コロナ禍」に対応するための低金利環境が、やや正常化する過程にあると見るのが自然であると小生は考えます。

これは経済が正常化することの裏返しでもあるため、悪い話ではありません。

経済が正常化してくると、次に出て来る懸念はインフレーションです。

この点については、「時期尚早」であるとの立場です。

たしかに通常のリセッション(景気後退)と違い、今回は(「コロナ禍」直前の段階で)経済システム全体における製造業の過剰な生産設備問題や、家計債務膨張による過熱消費も起きていませんでした。

従って、「コロナ禍」の収束が見えてくれば、需要の回復は比較的早いと思われます。

加えて、巣ごもりを余儀なくされた人々は消費をしたくてうずうずしています。

瞬間的には需要が供給を上回ることによる(デマンドプル型)インフレかそれに準ずる繰越需要(ペントアップ需要)が高い確率で発生するであろうと考えております。

非IT銘柄で大化け期待の成長株を近くご紹介させて頂きます。

よろしくお願いいたします。 «前の記事
【3月5日】〜カーボンフリーで原発だと?〜
»次の記事
【3月19日】〜給料振込が○○ペイに?〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.