内田晋也の投資コラム
«前の記事
【2月5日】〜ショートスクイーズを狙うなら〜
»次の記事
【2月19日】〜国がやるべきことの限界〜
[0]HOME
公開日:2021年2月12日
【2月12日】〜詰み将棋〜



東京五輪組織委員会の「王将」がついに詰み将棋となりました。

女性蔑視発言が話題となった森喜朗会長です。

発言後すぐに謝罪会見を行い火消しを行いましたが、あろうことか逆切れ会見となってしまい最善の一手が最悪の一手に。

仮面のSDGsがばれてしまった以上、繕う事も諦めてようで、ついに辞任を固めたようです。

はたして東京五輪は開催するのか、しないのか。

開催中止を選べば、「安全」という利益が手に入ります。

しかし、「五輪開催」という選択肢を諦めることも意味します。

主催者にとっては感染というリスクを負ってでも開催を選択するのか、安全を失った場合の責任問題に重点を置くのか、綱渡りの判断が続きそうです。

プロ野球オープン戦や大相撲春場所のように無観客試合で開催するという選択肢が目下のところ一番有力のようですね。

いかなる形であれコロナ時代に行われる初めてのスポーツイベントになりますので、どのように開催し、盛り上げていくのか。

日本の底力が試されるでしょう。

『ブラックスワン』で有名なナシーム・ニコラス・タレブの近著は『身銭を切れ』ですが、彼の主張は「自分の意見に従ってリスクを冒さない人間は、何の価値もない」です。

リスク・テイクは、人間と機械との違いを決める問題であり、人間としての格の問題でもある、と。

今、未曽有の危機に際して、我々は大きな不確実性に直面しています。

ここでのリスクの取り方は、日本の生き方そのものだと言えのではないでしょうか。

リスクのないところにリターンも繁栄もない。

10年後の日本人に恥じない選択をしたいものです。

投資調査部 内田 «前の記事
【2月5日】〜ショートスクイーズを狙うなら〜
»次の記事
【2月19日】〜国がやるべきことの限界〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.