内田晋也の投資コラム
«前の記事
【1月22日】〜ポセイドンの目覚め〜
»次の記事
【2月5日】〜ショートスクイーズを狙うなら〜
[0]HOME
公開日:2021年1月29日
【1月29日】〜ワクチンという大きな希望〜



イスラエルではコロナワクチンが広く接種され、陽性率0.01%以下と言う驚異的な数字が出てきました。

ワクチンは今の不条理を終わらせる現在最も大きな希望と言えます。

世界初の核酸ワクチンと言うことで効果や副作用を心配しましたが、報道を見る限りその危険性を大きく上回る有効性だと思います。

日本も接種までの対応策が協議されていますがなぜこれほど時間がかかるのか、コロナ初期と同様の轍を踏まないよう切に願います。

電車の中吊り広告を見るとマスコミは人々の不安につけこみニュースを売るのが商売だとつくづく思います。

アレルギー反応やアナフィラキシーを大げさに伝え、「こんな危険なものは・・」と不安感を煽るのです。

多くの人が接種を拒否し、この厳しい状況が長期化した時の困窮など一顧だにしない。

ニュースとしての価値はあります、それは認めますが99.9%の人には何の健康上の問題はないことをしっかりと報道するべきでしょう。

行政は今から遅延の責任を押し付けあっているいることには辟易するし、恐らく何処かで目詰まりを起こすでしょう。

マスコミはむしろ先回りをして「今年後半、欧米ではワクチンが出回って経済が急回復、一方日本では接種遅延により長期低迷、その責任は?」と煽ってみるのはどうか。

新しいものには常に反対する勢力がいます、デマもあるでしょう。

かつてMMRワクチンで自閉症? 破傷風ワクチンで不妊に?HPV(子宮頸がん)ワクチンで後遺症?など誤った情報が流布されました。

ワクチンを受けない方が自然なんじゃないかとか、ワクチンがDNAに作用するんじゃないか、とかさまざまな考えを持っている人たちに対して、科学者や医療従事者が「大丈夫。安心して接種してください」と言うだけでは足りません。

実はワクチンはあなたの「自然な」免疫力を高めるものなんですよ、と説明することが大事です。

私で良ければ喜んで助言申し上げるのですが・・・説得力がね・・。

コロナ打撃業種の回復に期待、【7148】FPGに注目。

投資調査部 内田












«前の記事
【1月22日】〜ポセイドンの目覚め〜
»次の記事
【2月5日】〜ショートスクイーズを狙うなら〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.