内田晋也の投資コラム
«前の記事
【1月14日】〜コロナの社会的コストを考える〜
»次の記事
【1月29日】〜ワクチンという大きな希望〜
[0]HOME
公開日:2021年1月22日
【1月22日】〜ポセイドンの目覚め〜



「AKIRA」は、大友克洋氏による未来の制圧的な社会を舞台にした無法な青年たちの傑作SF漫画です。

1982年から連載開始されましたが近未来の独特な世界観や特異なストーリー展開もあって、天才大友氏の名を世に知らしめた作品となりました。

日本よりも世界で評価されており、歴史的作品として絶賛されています。

ご存じの方も多いかも知れませんがネットでこの作品が「予言の書」として騒がれています。

【東京五輪を予知】・・・1982年連載開始ですが、ストーリーの中では2020年開催とズバリ的中。

【伝染病への言及】・・・物語のなかで「WHO伝染病対策を非難」とのフレーズがあり。

【新国立競技場】・・・・ザハ・ハディット氏の当初案と、物語中の競技場が似ている。

などなど。

いかにも、ネット世界の怪しげな「都市伝説」といった印象で、あえて言及するまでもないネタ程度なんです。

ところが英有力紙タイムズが「2020年東京五輪・再延期」といった報道が流れ始め、相場も無視できない状況が現出しました。

政府関係者のなかで「内内に結論付けた」と含んだ言い回しで報じており、どうやらプランBに向けて動き出した感なのです。

東京五輪の経済波及効果は、東京都の試算で32兆、米タイム誌で20兆円であり「話半分」としても10兆円規模になります。

今年の日本経済を展望する場合、仮に「プランB」のシナリオとなれば、そのマイナス効果は大きいです。

リセッションの可能性に言及せざるを得ない事態ですね。

米大手証券・欧州系証券のショートポジションの積み上げとなれば、ヘッジファンドにとって猫にマタタビ、お女郎に小判の魅力となるでしょう。

ここ数か月で投資家のリスク感覚は一部麻痺していたこともあり信用リスク=ポセイドンの目覚めとなるのか、ちょっと注目しています。

まずはVIXそしてCDSの動きに注目したいですね。

投資調査部 内田



«前の記事
【1月14日】〜コロナの社会的コストを考える〜
»次の記事
【1月29日】〜ワクチンという大きな希望〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.