内田晋也の投資コラム
«前の記事
【11月6日】〜火事場泥棒に告ぐ〜
»次の記事
【11月20日】〜Call Ubar〜
[0]HOME
公開日:2020年11月13日
【11月13日】〜バブル崩壊後の高値更新〜



日経平均株価が連日高値を更新しバブル崩壊後に付けた高値を1991年11月以来となる29年ぶりに回復してきました。

1991年を振り返ってみると海外ではソ連邦が崩壊したことを筆頭に、湾岸戦争の勃発によるイラクの敗北など世界の枠組みが大きく流動化する年となりました。

一方で国内では証券・金融不祥事が続発し、海部首相から宮澤首相に交代、湾岸戦争で90億ドルの追加支援に加え、スポーツ界では千代の富士が引退し若貴人気に火が付きました。

お立ち台で有名となったバブルの象徴ジュリアナ東京では超高級ワイン「ロマネコンティ」をピンクのドンペリで割る、いわゆる「ピンドンワリ」が出たのもこのころかも知れません。

近い将来に2020年を振り返ってみたときにどのような時代だったと表現されるのでしょうか。

新型コロナが流行し、その影響で東京オリンピックが延期になったことや、経済活動が停滞し、誠に多くの人が停滞を余儀なくされたことなどが伝えられることでしょう。

米国の大統領がバイデン氏になりましたがこの政権交代は転換点になるのでしょうか?

アベノミクスからスガノミクスに移行しましたが日本はコロナを跳ね返せるのでしょうか?

現在進行中のワクチン開発の成否が鍵を握っていることは間違いないでしょう。

ボディコン女性がジュリアナで扇子を振っていた期間は本当に短く、バブル最後の一瞬だったように、コロナ禍も同様な短さでの収束を切に願うばかりです。

新型コロナウイルスの制圧をいち早く達成した中国の購買力が劇的に復活する想定で同国に本格進出した中古車買取り大手【7602】カーチスに注目してます。

今週もありがとうございました。

投資調査部 内田 «前の記事
【11月6日】〜火事場泥棒に告ぐ〜
»次の記事
【11月20日】〜Call Ubar〜
内田晋也プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.