松尾彩香の株式投資コラム
«前の記事
注射は結構嫌いです
»次の記事
日本のバレンタインは○○発!
[0]HOME
公開日:2021年2月5日
日本の文化は良し悪し



(※こちらで紹介している銘柄は「松尾個人の応援」であり、「推奨銘柄ではない」のでご注意下さい。)

些細な一言に人の本質とは現れるものですね。

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が、3日の日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会で女性を蔑視したと受け取れる発言をしたとの報道がありましたね。

日本は男女格差が世界で最も大きい国の一つと言われており、今でこそ男女平等が当たり前となっていますが「男尊女卑」という言葉があるほどに昔は差別意識があったのは事実です。

意見は人の数だけあると思いますので仕方ないのかもしれませんが、立場というものがある方の発言は重要視されるものです。

森会長の発言がどうという話ではないのですが、こういう報道で日本の良くない面が世界に出ると非常に残念だな〜と思ってしまいました。

さてさて〜〜〜今回私が応援したいのは、【6622】ダイヘンです。

ぶっちゃけ古くてお堅い感じで地味なイメージの企業です。中期経営計画や決算説明資料も正直洗練されてません!しかし、そこが魅力。

創業は古く1919年に大阪変圧器(株)として創業し、柱上変圧器の専門多量生産、電気溶接機の生産などを行い、はじめは「変圧器」「溶接」がメインでした。

米国に溶接機器の販売会社OTCアメリカ設立したり、ドイツに溶接機器の販売会社OTCヨーロッパ設立したりと、1970年代から海外に進出している実力も持ち合わせています。

その後社名の変更とともに、半導体製造装置用高周波電源装置の生産開始し、更に事業展開を広げていきました。

現在では変圧器、溶接機、半導体関連機器、太陽光発電用パワーコンディショナー、ワイヤレス給電用も手掛けており、電力向け小型変圧器、アーク溶接機で首位の座を獲得。

また「ダイヘンロボットサイト」というロボット専用のHPをもつなど産業用ロボットに力を入れており、日本のみならず世界の自動車工場などの生産ラインでは、同社の高度な動作性能をもつ溶接ロボットやハンドリングロボットが生産や品質向上に大きく貢献しています。

半導体関連でもありますし、電気自動車関連でもあり、太陽光発電関連でもあり、バイデン米大統領の政策の流れにはピッタリかつ注目度の高い事業展開です。

着実に黙々と作業をこなす真面目なイメージに違わず我々の生活を支えてくれている企業であると考えます。

「みんなの幸せ同時達成」という利益の適正かつ着実な増加も掲げており、しっかりと顧客にも社員にも株主にも取引先にも地域社会にも還元しようとする姿勢に古き良き日本の「日本らしさ」を感じ、応援したくなりました!

こういう会社にはどんどん日本を代表する企業に成長していってほしいものです。

【6622】ダイヘンに注目していきます!

ではでは〜皆様ごきげんよう!また来週♪
«前の記事
注射は結構嫌いです
»次の記事
日本のバレンタインは○○発!
松尾彩香プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.