松尾彩香の株式投資コラム
«前の記事
メリークリスマス♪
»次の記事
お鍋に欠かせない○○ボンベ
[0]HOME
公開日:2021年1月1日
HAPPY NEW YEAR!



新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

本年は丑年。

「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)は辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁盛、丑(うし)つまずき、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」という相場格言がありますが、この格言から考えると丑は躓く。。。

事実、丑年の日経平均は1949年(昭和24年)5月16日の取引再開来平均騰落率がマイナス6.3%と十二支中、最下位とのこと。

これだけ見ると「丑年やだー!」と言いたくなりますね(笑)

いえいえ、それだけではありません。

丑年は「我慢(耐える)」「これから発展する前触れ(芽が出る)」というような年になるといわれています。

そして本来の干支は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干(じっかん)と十二支を合わせて、十干十二支で表されます。

ということは2021年は「辛丑(かのとうし)」

苦しいことがあっても我慢すればよい方向に転じる、、、正に世界がコロナ禍の真っ只中にいる状況を表しているかのようですね。

また、NYSE(ニューヨーク証券取引所)があるウォールストリートは、アメリカの金融の中心地に雄牛の像があることは有名ですよね!

ブル(雄牛)とベア(熊)は相場の上昇局面と下落局面を意味する比喩として実際使われおり、ブルは上昇相場のことで強さとパワーの象徴です。

2021年は躓きに気を付けながらブル相場に期待しましょう!

本年もどうぞ宜しくお願い致します♪ «前の記事
メリークリスマス♪
»次の記事
お鍋に欠かせない○○ボンベ
松尾彩香プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.