松尾彩香の株式投資コラム
«前の記事
準備はお早めに!
»次の記事
HAPPY NEW YEAR!
[0]HOME
公開日:2020年12月25日
メリークリスマス♪



(※こちらで紹介している銘柄は「松尾個人の応援」であり、「推奨銘柄ではない」のでご注意下さい。)

あっという間にもうXmasがやってきてしまいました!

年末は例年街が人で賑わっていましたが、今年はやはりコロナウイルスの影響もあり「忘年会やらない」「帰省しない」「出かけない」

大阪ではなんと飲食店が3500店舗も閉店したのだとか!

コロナウイルスの恩恵を受ける業種もあれば打撃を受ける業種も当然あると分かっていながらも悲しいものです。

お家で過ごす楽しさも当然ありますが、やはり楽しさを共有することが一番だな〜としみじみ思います。

来年は今年の分も忘年会したいなぁ(笑)

さてさて〜〜〜今回私が応援したいのは、【4170】Kaizen Platform です。

同社を創業するにあたって社長は製造業の一部分を担いながら高収益を上げ続けている企業に目を付けたのだそう。

例えばキーエンスは、センサーやタッチパネルなど対企業向けのパーツ製造に特化した企業ですがその価値は非常に高く、日本一給料の高い会社でもあります。

製造業のように分業を前提とし、開発プロセスの一部に専門特化した企業こそが、高い付加価値を与えられるようになっていく流れはソフトウェア産業出も当たり前になっていくだろうと考え同社を起業したのだとか。

目指すはソフトウウェア界のキーエンスなんだとか。

Kaizen Platformの取引先には、ファーストリテイリング・楽天証券(デジタル動画広告)、リクルートマーケティングパートナーズ(中止・延期になったオープンキャンパスの動画化)、NTTアド(グループ内外のDX支援)など、多岐に渡ります。

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援を担う企業であり、事業としてはWebサイトのUI/UX改善サービスの提供及び広告/営業/販促動画制作支援により、企業の顧客体験のデジタルトランスフォーメーションを推進する事業を展開。

「サイトソリューション事業」:クライアントのWebサイトのUXを改善することで、コンバージョン率(CVR)を向上させ、クライアントのWebビジネスの成長を支援するUXソリューションと、企業のDXをトータルサポートするDXソリューションを提供

「Kaizen Video事業」:素材から目的に合わせ、最適なクリエイティブを制作できる動画ソリューションを提供

同社の社名にもあるように、企業の業務をよりよく「改善」し、ソフトウウェア界のキーエンスを目指してほしいですね!

【4170】Kaizen Platform に注目していきます!

ではでは〜皆様ごきげんよう!また来週♪
«前の記事
準備はお早めに!
»次の記事
HAPPY NEW YEAR!
松尾彩香プロフィール
投資コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.