投資の前にコレだけは知っておこう
«前の記事
【11/5】第291回 まだNISA口座を持っていない人のほうが多い?(その2)
»次の記事
【1/8】第293回 バブル崩壊という呪縛から解放されるか?(前編)
[0]HOME
公開日:2020年11月6日
【11/6】第292回 2024年からNISA口座が変わる?



NISAの話が続きますが、2020(令和2)年度税制改正によって、NISA口座の制度が2024年から大きく変わることが決まっています。まだ3年ちょっと先の話ですが、ポイントを整理しておきましょう。
 まず、もともとNISA口座の制度は時限措置でした。一般NISAとジュニアNISAの口座開設可能期間が2023年まで、つみたてNISAの口座開設可能期間が2037年までだったのです。
 それが税制改正によって、一般NISAとつみたてNISAを5年間延長することが決まりました(ジュニアNISAは延長されず、2023年末で終了)。一般NISAは2028年まで、つみたてNISAは2042年まで口座開設できるようになったのです。
 そして、つみたてNISAの内容は現行のまま変わりませんが、一般NISAの内容が2024年以降、大きく変わることになります。
 非課税期間5年の変更はありませんが、非課税枠が2階建てに変わります。1階部分が年間20万円の積立投資部分となり、この1階部分の積立投資をしている人だけが利用できるのが2階部分で、非課税枠は年間102万円となります。1階部分と2階部分の合計は122万円と、現行より2万円だけ増額されます。
 非課税の対象となる商品は、1階部分については、つみたてNISAと同様の一定の投資信託に限定されます。2階部分は従来どおり、株式と株式投資信託等となります。
なお、1階部分については、非課税期間の5年経過後は、つみたてNISAへの移行が可能です。
 それから、例外的な決まりとしては、2024年以前から一般NISAを利用していた人、または投資経験者であることが明らかな人が、2024年以降の一般NISAにおいて、株式の個別銘柄のみに投資したいという場合に限定して、1階部分の積立投資をしなくても、2階部分を利用できるようになります。
 とはいえ、2階部分だけだと非課税枠は102万円ですので、20万円の非課税枠を放棄するのはもったいないように感じます。現行の制度で株式の個別銘柄だけに投資している人や、投資信託があまり好きでない人にとっては、たった20万円の積立投資部分だけのために投資信託を選ばなければならないのは面倒に感じるかもしれませんが、非課税期間経過後、つみたてNISAに移行できることを考えても、やはり利用しておいたほうが有利であることは間違いないでしょう。
 まだ3年ちょっとの期間がありますので、今後の税制改正によって変更事項が出てくる可能性はあります。また変更があればこのコーナーでも紹介しますので、制度の有効活用を意識しておきましょう。
«前の記事
【11/5】第291回 まだNISA口座を持っていない人のほうが多い?(その2)
»次の記事
【1/8】第293回 バブル崩壊という呪縛から解放されるか?(前編)
菱田雅生プロフィール
コラム一覧

[9]上へ戻る [0]HOME

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
関東財務局長(金商)第1756号
©2007-2019 G&D advisors.